麻雀のルール

取り分け麻雀の場合には、覚えなくてはいけないルールと覚えなくてもなんとかなるルールなどという風に、ある程度住み分けがはっきりとしているため、まずは必ず覚えなくてはならないルールから覚えておき、後で工夫をしたり失敗をしながら覚えた方が良いルールについても加えて覚えていくというような形式を取っておくと安心かもしれませんね。

最近では、なるべくクリーンな麻雀の世界を目指して健康麻雀というようなことが行われるようになってきており、一つの目標としては人と人とのコミュニケーションを盛んにするために麻雀を行うというような前提を立てているようです。

 

今後、日本では高齢化が多いに進んでいくというふうに考えておられるため、認知症の防止などにも麻雀が役に立つ可能性を秘めているという風に言われるわけです。

激しい運動量を必要とするアクティブスポーツとは異なりインテリジェンスな部分が重要となっている麻雀では積極的にマスコミなのに取り上げてもらうなどして知的なゲームであるということを覚えてもらわなければならないという危機感の下で始まったということは間違いなく言えるかもしれません。

麻雀というものは高齢者でも楽しんでプレーすることができるという点をいかして脳年齢の若返りなど脳のトレーニングになるというような医学的な観点から取り組んでみるという選択をしたのは大きなプラスであったという風に行ってしまっていいかもしれませんし、自分自身の生きがいとして普段の麻雀が存在するならば良いのではないでしょうか?