麻雀の戦術

麻雀は一般的に四人でするのが基本であるために、守る人と責める人がいるというような考え方をすることも多いわけです。なるべく、他の人に良い手であがらせないようにするために自分を守るというような考え方がいわゆる守りの麻雀であり積極的に良い手で上がるために動いていくのが攻める麻雀であるというふうに考えられるわけです。

自分自身がプレイすることで相手をコントロールすることができたならば、麻雀の中級者となると言えそうです。

一般的に言われる確率的な要素と呼ばれるものは、麻雀ではそれほど高くなく、むしろ自分自身に実力があれば勝ち続けられるという点もギャンブルやボードゲームの石としてはかなり魅力的なポイントであるという風に言えるかもしれません。しかし、そうは言ったとしても、自分では良いプレイングをしたつもりが負けが込んでいるというようなケースになってしまった場合には、なかなか難しい心理状態に陥ってしまう人もいるかもしれませんが粘り強く戦っていくことが麻雀では重要だという風に考えてよいでしょう。

かつては雀荘といえば多くの人があまり良くないイメージを持っていることも多く、怖い人たちが多くいる場所である、というような考え方を持っている人が多かったわけですが、事前に雀荘について詳しく知っておけば、 おそるるに足らないという風に言えるでしょう 。

具体的に雀荘ではどのような仕事をしているのかと言うと、ドリンクを注文した際の交換や灰皿の交換などはもちろんのこと、ドリンクで使用されたドリンクボトルの洗い物はもちろん簡単な調理などもする場合があるという風に言えそうです。