中国の麻雀

麻雀の歴史の中で最も流行を極めていた初期の段階として挙げられているのは、19世紀後半頃に中国上海で列強が進出していた時代であるという風に言われているようです。

イギリス租界の中で麻雀はとにかく流行しているというニュースが世界中を駆け巡り、これがきっかけとなってアジアの各地にも広がっていった、という風に言われているわけです。

欧米各国へとこのようにして持ち帰るような形で、広がっていた麻雀はそれぞれが独自に枝分かれしてルールを変化させていき、中国の宮廷などで遊ばれていたルールからより誰でも分かりやすいシンプルなルールへと変化していったという風に一般的に言われているようです。

アメリカでは1900年代初頭にアメリカ独自のルールが誕生するなど、麻雀の文化が発達しているという風に言えるわけです。ちなみに現代中国においては、もちろん麻雀が十分に流行しているということもあり、競技人口が大きく減っているということもないようだという風に言われることもあるわけですが、日本とは大きく異なるルールが存在するように、独自の進化を遂げているということも間違いないという風に言えるでしょう。

特に、中国の場合、日本の数十倍の面積があるため独自のローカルルールなどがその地域ごとに発達しているというような事情もあるため、一概にはどのルールが適用されているかということは言えないわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です