麻雀世界大会

麻雀の世界大会などが開催されることになってきた、グローバル化が進行している現代においては、世界でルールを統一しようという動きや活動などが盛んになってきたという風にも言われているわけですが、残念ながら現代においても、複数のルールが入り混じっている段階で、あまり十分にルールの統一はなされていないという風に言ってしまっていいかもしれません。

ルールは、自分自身が地元で学んできたものを第一のものであるというふうにみなす傾向が強いため、急に予想もしないルールを押し付けられてしまえば、競技から離れてしまう人を増やしてしまうことにもなりかねないという点も注意が必要であるという風に言えるかもしれません。

とりわけ、国際統一ルールのようなものの中には、日本で 家庭内ルールを採用したものもあるため、注意をしなければならないという風に言われているわけです。中国では、歴代の皇帝が麻雀の元となったゲームなどを遊んでいたのは、伝統や格式の高いものであるというふうに考えられてきたわけですが、それだけ麻雀というものが魅力的であり惹きつけられる何か思っていたということは間違いないという風に言えるわけです。

中国の場合、数百年も昔から麻雀の原型となった競技が遊ばれていたという風に考えられていて、そこでは金銭などをかけて麻雀を行っていたというような記録も残っているというふうに聞いたことがあるような気がします。

当然のことながら、日本でもギャンブルの一つなどという風に捉えられることがあるため、このようにして金銭的な動きがあるものもなくもないのかもしれませんが、中国の場合や、欧米各国などの場合には、お金を積極的にかけてギャンブルとして将棋を楽しんでいるということも確実に言えそうなわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です