良い刺激をもたらす「健康麻雀」

麻雀がお年寄りにウケが良いなどと、巷で言われているのですが、これは麻雀のゲームの特性にもよるようで、麻雀は7割が実力、3割が運などとも言われているようですが、この「運」によるところのゲーム感覚が、何よりもお年寄りにウケが良い点でもあるようです。実際に、お年寄りの趣味として、囲碁や、将棋チェスなども好まれて楽しまれているようですが、麻雀は、特に「運」に対するゲームの勝敗の影響が多いなどとも考えられているようです。実力ではなく、運によってゲームに勝つことがあるということは、実力がない人でも「運」によってはゲームに勝ってしまうというような、ハプニング的な面白さもお年寄りに好まれているポイントになっているそうです。ですから負けてしまっても「運がなかったなー」などとぼやいていれば、それで、済んでしまう娯楽であるというような捉え方が、とてもポジティブで良いそうなのです。または、麻雀をしている時は、囲碁や将棋を売っている時とは異なり、ワイワイガヤガヤと大勢で話をすることができるのも、大変お年寄りにとっては楽しいひと時になっているそうです。二人ではなく、四人というようなグループ生の会話も、お年寄りにとって、大変楽しいコミュニケーションとなっているようです。多くの人と、ワイワイガヤガヤと、お話しながらゲームをすることは、何よりも社会的な営みがそこにあるなどとも語る研究者たちもいるようです。このような麻雀を通した関係性が、コミュニケーション能力を高め、また、高揚感が、精神性を高めているなどと思われています。豊かなコミュニケーションは、人間性を大変豊かにするなどとも言われ、麻雀をしている人の中では、負けたことに対して、怒ったり不機嫌になったりする人たちもいますけれども、実際に、健康麻雀の教室などに訪れてみると、そこには、笑顔や笑い声が満ち溢れています。麻雀は、感情をコントロールするゲームでもあるなどとも言われていますが、このような麻雀におけるゲームのスリル感なども、お年寄りにとっては大変良い刺激となっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です