答えの見えない世界

麻雀を覚えたてという人は、大体多くの人が実戦を通して経験を積んでいくものでしょう。そういった時、教えてくれた人や麻雀仲間などに見てもらったり、自身がゲームをしていない場合にも後ろにくっついて戦術のあれこれを訪ねているという人も少なくないのではないでしょうか。こういう時、手練れの方に「正しい打ち方」なるものを尋ねても、全然はっきりと答えてもらえない事が多いのではないでしょうか。麻雀を教えてくれる時にも記憶があるかと思いますが、大抵「これだ」といった明確な事は語られず、なんとなく暖昧に感じられるような教わり方をしたという人がほとんどなのではないでしょうか。たとえば「攻めるか降りるか」といった判断基準は、それぞれのゲームごとの流れや状況によるため、上がれそうな流れだと感じたら攻め、無理そうかもと感じたら降りるというように、明確な答えが見えない世界が麻雀というものなのかもしれません。時と場合によって的確な判断と正しい答えが変わっていくからこそ、麻雀は奥が深く面白い物と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です